食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

”食人”のための味わいスペシャリスト講座

 食のプロとして、情報だけで食を語ったり、メニューを組み立てたりしてはいませんか?
 ついつい、自分の嗜好の好き嫌いで味を決めたり、商品やメニューの開発をしてはいませんか?
 ときおり、「これで、いいのかしら?」と、自分の味覚に不安になったりたりはしませんか?
 などなど…意外や!意外!!食のプロでも、自分の味覚特性を知らないままに、食のお仕事に携わって

おられる方が少なくありません!!

 


 そこで、当講座では、まず自分の味覚特性の物差しを確りと持っていただきます。さらに、一般的な味覚教育では学べない“味わうことの本質”を、五感をフル活用して、“感じて”食べることから学びます。
 つまり、五感を通して「味わうことの本質」を理解し体感することで、自分の味覚特性を確認し“食べもの”や

“食べかた”を知るだけではなく、“食べること”に対するあなたの意識を大きく変化させることが出来ます。

 食とその世界を多様な視点で把握できる“味わい力”を鍛え、今までにない気づきや発見によるヒントや

アイデアが、あなたの食ビジネスをより豊かに楽しいものにしてくれます。
 さぁ~!“自分の味わい力”を鍛え、食ビジネスの最前線で活躍しましよう!!

こんな方にオススメ!
得られる成果!

味わいとは何か?

味わいスペシャリストとは食のもつ多様な価値を自覚できる味わい(とコミュニケーション)の専門家

IFC2_16
sp_syushi

IFC2_21

10:00~12:00

 自分はどのように味を感じているのでしょうか?自分の味わい特性はどのようなものでしょうか?
甘いものはどのように感じるのでしょうか?甘味と塩味など基本五味をどのように感じているのかを体感します。人と比べるのではなく、自分自身の味覚特性が何に起因しているかを探求します。
アクティビティ:自分の味覚(基本五味識別特性)フードコンシャスネス研究所開発の「味覚チャート」で自己診断ができます。

13:00~14:30

 私たちは本来備わっている能力を十分に使っているでしょうか?
 味わうことは味覚だけの問題ではありません。五感で感じる必要があります。この時間では食べ物の
食べ方を通して、五感と心で食べる要素を感じてもらいます。加えて、おいしさとは何かを議論します。
アクティビティ:味わい方と味わい表現(一般的に日本人の味わい表現は乏しいです。豊かな味わい表現を体得します。)

14:45~16:30

 世の中には多様な食が溢れています。それぞれの食は多くの過程を経て食卓にのぼります。
 様々な生鮮や加工食品が店頭に並び、私たちは食を選択しています。食の価値とは何かを参加者と
コミュニケーションを通じて探求します。
アクティビティ:手作りとインスタント(共に貴重な価値があります。)

修了証

担当講師

フードコンシャスネス研究所 所長
主席研究員兼主席ディレクター
品川明(学習院女子大学教授)

 

受講要領

開催日時:スケジュール表をご確認ください
会場:学習院女子大 環境教育センター
〒162-8650 東京都新宿区戸山3-20-1
お申込方法:下記フォームよりお申込みください
参加費:16,200円(税込)

講座・試験申込フォーム

 




ページトップへ