食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

第11回フードコンシャスネス研究部会を開催しました。

 11月8日(土)10:30~14:00、学習院女子大学環境教育センター531教室において、
第11回フードコンシャスネス研究部会が開催されました。

 

 参加者はフードコンシャスネス研究所2名、インストラクター資格習得者8名でした。

 
img_11.08_02
 

 当面の中心課題は「五感」と「味覚の生理」を確りマスターし、自信を持って
フードコンシャスネスの基本となるファシリテーションができるように練習をすることでした。

 

 前回の会合では五感(聴覚:茶筒、触覚:ブラックボックス、嗅覚:綿、味覚:2種類のジュース、視覚:バナナ・トマト)のファシリテーション(60~90分)を一人でできるように練習しようということでした。

 

 しかし一人で一気に全部を行うのは難しいということで、自分のやりたいアクティビティを
一つ選び、それを皆の前で行い、全員からコメントをもらうこととしました。

 

 各自のアクティビティ後のコメントでは、お互いに忌憚のない意見とアドバイスを行いあい、
大変有意義かつ盛り上がりのある研究部会となりました。

 

img_11.08_01

img_11.08_03

 

参加者の心の絆も強く結ばれたようです。

 

 次回の12月5日(土)に品川先生をはじめ研究所理事各位の前でアクティビティを再度行い、
確りとチェックをしてもらうことにしました。

 

 また各自が行ったアクティビティに関して、自分なりのまとめを部会長に送ることにしました。

 

 こうした練習を通じて、基本的なアクティビティのやり方(マニュアルという言葉は
フードコンシャスネスでは使いません)を共有し、少しずつ研究をしながら、各自が自信を持って
アクティビティができるようにしていくつもりです。

 

 今回都合で参加できなかった方も少なからずおられると思いますので、参加希望の方は研究所
あるいは辻女史にご連絡下さい。

 参加者は常に大歓迎です。

 

 フードコンシャスネス研究所としては意欲ある会員の方々が実務でさらに活躍できるように、
全面的に支援をして参ります。

 部会以外の事柄でも、どしどしお問い合わせください。

 

 研究部会連絡先:

 辻 紀子女史にお願い致します→部会専用メール<bukai@foodcon.org>

 研究所電話:03-6261-0141

 

 次回研究部会会合日:

 12月5日(土)10:30~14:00

 会場:学習院女子大学環境教育センター531教室

 




ページトップへ