食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

フードビジネス・スキルアップ研究部会

フードビジネス・スキルアップ研究部会は3級インストラクターのスキルアップを図るために、研究所が会員支援活動として行っている研究部会です。

同研究会は、味わい教室の企画メニューの開発あるいはフードコンシャスネスを基盤にしたビジネスの可能性をメンバーで議論し、実践しようという意図のもとに2015年1月に発足しました。

いろいろな議論の末、フードコンシャスネスの基本概念を基盤にして、和食の本質とその意味を外国人に英語で伝えようと企画されたのが今回の

”The Washoku Workshop Umami, Bless You!! #01 The World of Rice“

です。
 

日本語チラシ
tirasijap.png

日本語チラシ.pdf(322KB)

English Leaflet

tirasieng.png

English Leaflet.pdf(485KB)


 

本番の開催日は7月25日(土)10:00~12:00ですが、それに先立ってリハーサルを行おうということで、7月11日(土)13:00~16:00学習院女子大学留学生を対象に環境センターで実施されました。
 

ryuugakusei03
ryuugakusei04

 
取り上げたアクティビィティ“3種のお米”では、①普通のお水で炊いたご飯、②硬質のお水で炊いたご飯と、③ジャスミンライスを五感を使って味わって貰いました。学生達にお鍋でご飯を炊いてもらい、浅漬も作って貰いました。
 

ryuugakusei02

 
ファシリテーションは金築氏、集堂女、尾越、辻の各女史に英語で頑張って頂きました。各テーブルの学生には野中女史と楠野理事が英語で対応し、バックヤードでは若宮、石渡、笠原、二宮、本多の各女史が一汁三菜の料理を作ってくれました。

 

ryuugakusei05
ryuugakusei01

 

プロ集団の料理は流石です。今日は参加できなかった相澤女史にも準備段階から手伝って頂きました。

江口名誉教授は英語でフードコンシャスネスの意義、日本の文化の説明をわかり易くしてくれました。

素晴らしい専門家チームの結束力でなかなかのイベントとなりました。留学生もとても喜んでくれました。髪の毛が落ちないように作った新聞紙の兜もなかなかの出来栄えでした。

今回は留学生センターを通じて留学生をご紹介頂きました。参加してくれた留学生は、ルーマニアのマリア、ラリサ、スロバキアのミハエラ、台湾のギティ、陳、チェコのマルチナ、ポーランドのアグニェシカ、中国のセキ、レイ、インドネシアのガブリエル、韓国のジェヒ(敬称略)でした。

さすが皆さん、お人柄のよい礼儀正しい学生ばかりでした。

ご協力本当にありがとうございました。

本番の7月25日(土)10:00~12:00が楽しみです。

7月25日のお申込みはこちら




ページトップへ