食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

集堂名保美インストラクターの「親子で楽しむ こころで食べる味わい教室」報告

  集堂名保美インストラクターが経営の「ビストロ メゾン・ド・ルージュ」を会場にして、以下の要領で味わい教室を開催しました。

1.開催日:2017年2月12日(日)、18日(土)、25日(土) 10:00~11:30
2.開催場所:山梨県甲府市  ビストロ メゾン・ド・ルージュ
3.参加費:1人 500円(税込み)
4.参加人数:16人(幼稚園年少~小学校5年生)
5.開催目的:五感をフルに使って感じて食べる味覚の教育。親子で食の大切さを学びます。
6.取材・協力:取材(山梨県甲府商工会議所)、協力(お茶の業務用卸販売会社)
7.プログラム
  1)開会の挨拶
  2)五感の意味(五感と五官)
  3)ブラックボックス(野菜色々)
  4)五感を使ったお茶の飲み比べ
  5)五感を使ったジュースの飲み比べ
  6)質疑応答
  7)閉会の挨拶

<プログラムの内容>

 山梨県甲府市商工会議所主催の「まちゼミ」(街の活性化)イベントの1つとして、山梨県の人々にフードコンシャスネスを知ってもらう良い機会と思い、味わい教育を開催しました。
 開催にあたり、山梨日日新聞社の朝刊に折り込みチラシ(3万部)を配布して頂きました。 
 開催会場は集堂の店「ビストロ メゾン・ド・ルージュ」です。
 参加者を子供チーム、お母さんチームの2グループに分けました。

 ①五官の意味(五感と五官):
   親よりも子供の方が積極的に発言をしていました。
   辛味、渋味といった言葉も子供から発言されました。
 ②ブラックボックス:
   人参、バナナ、じゃがいも、パプリカ、ピーナッツ、大豆等を入れました。
   何が入っているのかといって、親子共に非常に盛り上がりました。
      大豆、ピーナッツという意見は、母親にはほとんど見られませんでした。
   物事を注意してみるという事に皆様が気がついたようです。
   手で感じる初めての体験に、皆さん興奮していました。
   どうしてわかったのか、どんな形なのか、積極的な子供の意見が沢山ありました。

kofu01

 ③五感を使ったお茶の飲み比べ:
   a.市販のペットボトルのお茶、b.お茶屋さん提供の美味しい茶葉、c.その茶葉を、紙パックフィルターに入れたものの3種類を飲み比べてファシリテーションをしました。

kofu02

カップは子供にわかりやすく、赤、青、黄色のシールを貼りました。
  年少さんもおりましたので、ワークシートは耳を除いた、目、手、鼻、口にしました。

kofu03
 
子供の積極的な意見と言葉の表現力に親がびっくりしていました。
  親は自分の言葉の少なさや普段、味を言葉で表現していないことなど、言葉の大切さを実感されていました。
④五感を使ったジュースの飲み比べ:
    a.市販の果汁20%のオレンジジュース、b.市販の果汁100%のオレンジジュース
    c.果物オレンジを半分に切って手で果汁を搾ったものの3種類を飲み比べ、ファシリテーションをしました。

kofu04
<感想>
 1.お茶のファシリテーション
   お茶を選んだ理由は、「お茶はペットボトルだ」、「お急須の存在を知らない」、という子供が増加している現代だからです。
   参加した親子は食の意識が高く、普段の飲み物や食事にも気をつかっている親子でした。
   しかし、おばあちゃんの家に行った時は、お茶を飲むけど、普段は飲まない、というお子さんもおり、お茶は普段飲み慣れないものだということを知りました。
   ペットボトルが好きと答えたお子さんの母親は、子供さんと同様に答えたのに驚きました。
   紙パックに包んだ茶葉は、明らかに香り、美味しさを閉じ込めてしまい、紙パックの手軽さが味わいに大きく影響している事を改めて知りました。

 2.ジュースのファシリテーション
   3種類を飲み比べた時に、親は全員絞りたてのジュースを美味しいと書かれていました。
   これに対して、20%のジュースが美味しいという子供が多く見られました。 
   普段飲み慣れているせいなのか、子供の甘味の味覚のためかもしれません。

   普段の食生活が子供の成長に大きく影響するという事、五感で味わうことの重要性を皆さんに体感して頂きました。

   これからも、親子の味わい教室を題材を変えて続けていきたいと思います。

   第1回目の今回は、フードコンシャスネス研究部会メンバーの笠原美智子さんにお手伝い頂きました。とても助かりました。改めて感謝申し上げます。

<受講者アンケート>

 1.講座に参加した感想  
  ・食育に関心があり、子供にも体験させたかった。
  ・とてもおもしろかったです。
  ・親も子も同時に楽しめました。
  ・親だけではなく、子供と一緒に学べるのが、いい体験だった。
  ・改めて食の大切さを感じました。
  ・とても良かった。
  ・子供が楽しんでいて、よかった。
  ・食生活の大切さを感じ、毎日の積み重ねが大事だと思いました。
  ・有意義な時間でした。
  ・手だけで箱の中身をあてるのが、楽しかったです。
  ・とても楽しく勉強できました。
  ・子供の食教育は、なかなかきっかけがなくできなかったので、とてもよかった。

② 日々の食生活の中で困っている事

  ・市販の物に添加物が多すぎる。
  ・野菜などの産地を気にします。
  ・栄養バランス。
  ・市販の子供向けのおやつが甘すぎる。
  ・食物アレルギーがある。




ページトップへ