食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

第14回フードビジネス研究部会

第14回フードビジネス研究部会が以下の様に開催されました。

 
第14回フードビジネス研究部会
 

日 時:2016年3月13日(日) 10:30~16:30
場 所:学習院女子大学にて
参加者:辻、笠原、石渡、沼倉、若宮、本多、集堂(順不同、敬称略)、江口所長、楠野理事

今回も前回に引き続き、五感のファシリテーションの習得に努めた。

  1. 部会の前半で、前回の復習として「茶筒」「トマトとバナナ」のファシリテーションを行い、
    プロトコール(マニュアル)の確認をしました。
    続いて「ブラックボックス」と「2種のジュース」のファシリテーションの練習と
    プロトコール(マニュアル)の作成をしました。
    「茶筒」は笠原、「トマトとバナナ」は集堂、「ブラックボックス」は辻、「2種のジュース」は
    若宮が再度まとめを加筆修正することとしました。
  2. 舌と味覚の役割について
    ジュース(オレンジ、グレープフルーツ)とコーヒーと使い、
    三種類の飲み方(細いストロー、とても太いストロー、ストローを使わずにコップで普通に飲む)で
    味覚がどう変わるかを試してみました。
  3. 次回は数種類のジュースで、ファシリテーションに適したジュースを試すことにしました。
  4. 研究部会ホームページ作成案について
    ネット社会の窓口の1つとして、「出張で味わい教室をします」、研究部会のメンバーの紹介等
    の情報発信をするためのホームページを作りたいという提案を研究所にすることにしました。
  5. 次回開催は、4月3日(日)10:30~16:30(予定)
    内容・・・五感のファシリテーションのマニュアル作りと習得
    ジュースの種類による味わいの違いの実験(舌と味覚の役割)
    鼻と臭覚の役割
    ナッツのファシリテーション
      
    品川先生のファシリテーションのビデオを見る予定です。

    出欠の連絡をグループメールで必ずして下さい。

  6. フードコンシャスネス研究所の今後のイベント予定

    5月21日(土)10:00~17:00
    「食のプロのための自分ブランディング戦略講座」 江口先生、品川先生 

    6月25日(土)10:00~17:00
    「味わいスペシャリスト」
    ※詳細は、フードコンシャスネス研究所HPにてご確認頂き、お申込み下さい。




ページトップへ