食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

2018年1月19日(金) 「特別総合科目Ⅸ(フードコンシャスネス論Ⅱ)」(品川 明教授担当)のご報告

 1月19日(金)「特別総合科目Ⅸ(フードコンシャスネス論Ⅱ)」(品川 明担当教授)は「4種のハチミツをイチゴとブルーチーズで味わう」と題して授業を行いました。

imgNews101_2

 4種類のハチミツを、何の情報提供もせずに香りと味を確認してもらいました。
 ハチミツの種類は①百花蜜、②蜜柑の花。③蕎麦の花。④栗の花です。
 ➀と②のハチミツはイチゴの上に乗せて食べ、どちらのハチミツがイチゴと合うかを味わってみました。
 ③と④のハチミツはブルーチーズと一緒に食べ、どちらのハチミツがブルーチーズと合うか味わってみました。
 ハチミツは種類によって香りも味も舌ざわりも全然違うことがわかりました。またイチゴやチーズの組み合わせによって、より美味しくなることも発見しました。
 ブルーチーズ初体験の学生が多かったのですが、2割程度の学生は苦手のようでした。
 アーモンドとブルーチーズも一緒に食べてみましたが、とても相性がよいようです。
 最後にブルーチーズが苦手な学生もいたので、クリームチーズでハチミツを味わってもらいました。
 

imgNews101_1

 まとめとして、品川先生から「ハチミツが出来るまで」の講義がありました。
 1匹のミツバチが一生掛かって集められるハチミツは、なんとスプーン1杯だそうです。
 味わうということ、食べ物に感謝の気持ちをもつこと、食べ物の本来の味を感じ、成り立ちやその背景を理解すること、自分で自覚して感じて育むのがフードコンシャスネスの考えです。




ページトップへ