食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

2017年4月7日(金) 「特別総合科目Ⅸ(フードコンシャスネス論Ⅰ)」(品川 明教授担当)のご報告

4月7日(金)「特別総合科目Ⅸ(フードコンシャスネス論Ⅰ)」

 いよいよ2017年度の授業が始まりました。今回は当講座担当の品川 明教授より授業に関するガイダンスがありました。
 当講座は寄付講座ですが、本年度の受講者は約150名で、学生たちの食に対する関心の高さが確認できました。
 初回ガイダンスでは、15回の授業を通してフードコンシャスネスの意味や理念を理解してもらいたいこと、および「食べるもの、食べること、食べかた」という日常の行為をきちんと意識し、食に対する自覚的かつ積極的な姿勢を育むことの大切さが解説されました。imgNews76
 春学期の授業ではゲストスピーカーとして食の専門家を招き、食と自然環境の繋がり、日本文化と食の関わり、フードコンシャスネスの教育的価値等を理解できるよう展開をしていきます。




ページトップへ