食育に味わい教育を。食育の資格ならフードコンシャスネス研究所

 

フードコンシャスネス研究所設立の目的

フードコンシャスネス研究所(IFC)は
〈「食べること」「食べるもの」「食べかた」から考え、育てる、知の未来〉
を合言葉に
食に対する五感を耕し、生きる力、考える力、コミュニケーションする力
文化や未来を創造する力を育成します

 フードコンシャスネス研究所(IFC:Institute of Food Consciousness)は、学習院女子大学フードコンシャスネス実行委員会が開催した「こころで結ぶ命のおむすび」の講演会(2011年12月)および国際シンポジウム&ラボラトリー「食から耕す未来と文化:フードコンシャスネスとエデュケーショナル・バリュー・チェーン」(注1)を提唱したことから始まりました。

 私たちは「食」という身近なテーマを「教育」という知の体験機会に昇華させ、国内外の様々な研究者、教育者、企業、行政機関との連携を通じて、「食を自覚的に意識する(フードコンシャスネス)」という視座から新たな人間教育を推進しています。

 研究所の中心的な活動の一つに「こころで食べる味わい教育」という教育講座があります。これは食を五感と心で味わい、その本質を探究し、多くのつながりに気づくことを目的とした体験・感性探求型教育です。単なる味覚教育や栄養教育ではありません。

 「こころで食べる味わい教育」の受講者は五感をフルに活用し、五感を耕しながら、生きる力、考える力、感謝する力、感動する力、コミュニケーションする力、文化や未来を創造する力を育んでいくことを、研究所独自のファシリテーションを通じて体験し習得できます。

 当研究所は「食を自覚的に意識する(フードコンシャスネス)」ことを基軸にして、<「食べること」「食べるもの」「食べかた」から考え、育てる、知の未来>を合言葉に、自らの心で感じる五感という感性を磨き・育む新たな人間教育を通じて社会貢献をしていきます。

注1:2012年2月11日~15日に、イタリア政府教育省認定の味覚教育教師養成機関「イタリア味覚教育センター(L’Associazione Centro di Formazione, Ricerca e Comunicazione sull’Educazione Sensoriale, Aliementare e del Gusto、本部はイタリア・トスカーナ州)」との連携で、学習院女子大学にて開催。後援は文部科学省、農林水産省、イタリア大使館。

「食を自覚的に意識する(フードコンシャスネス)」とは
五感と心で味わい、食の本質を探究し、多くのつながりに気づくことです

about_01

「知識・情報提供型食教育」から、
「心で食べる味わい教育」への転換が望まれています

 

 「食を自覚的に意識する(フードコンシャスネス)」という視座を提起した理由は次の通りです。

 従来の食教育は“知らないことを教える”という知識・情報提供型教育で、またその多くが栄養教育や味覚教育に主眼がありました。

 これは教育の語源であるラテン語のエデュカーレ(Educare)が意味する“引き出す”という本来の概念から離れた教育手法です。知識や情報を与えられることが主流となった教育環境では、五感という自らの能力を磨き、心で感じる感性を育むという“創造的な教育成果”を得ることが難しくなったと感じます。

 しかしながら、これらは誰にとっても身近な「食」と「ファシリテーション」を通じて育むことができると考えます。私たちはそのような教育・啓蒙機会を「こころで食べる味わい教育」と呼んでいます。

 私たちの大切にする言葉のひとつに「一杯のお椀の中に地球を観る」があります。お茶碗の中に、食という生まれた命、生産者、流通・小売業者、調理をする人、サービスする人などそれぞれの背景にある環境等々に想いをはせる心と感性を育むことは「食を自覚的に意識する(フードコンシャスネス)」ことから始まります。

 「こころで食べる味わい教育」は「食を自覚的に意識する(フードコンシャスネス)」ことを通じて、自らの心で感じる五感という感性を磨き・育む新たな人間教育ともいえます。

 

◆フードコンシャスネスの7つの要素

about_02

 

◆活動指針

about_03

 

◆心の本質を大切にする

 「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」「もったいない」「おかげさま」という言葉は、本来誰かに教えられたり、促されたりするものではありません。

 それは食を自覚的に意識することを通じて、自らの心の底から湧きいずる“魂の言葉”ではないでしょうか。

 食が当たり前に存在する現在、これらの心の本質を自分のものにするには、それらを積極的に体得する機会が必要です。

 食べられることの有難さ、命を頂くことへの感謝、手間暇や愛情の介在の実感、無駄にすることへの憂慮は、知識や情報を与えられただけではなかなか得心できないものです。

「食は命だ」「本当に大切な、かけがえのないものだ」等々を知識や情報によって理解するだけは不十分です。なぜなら理解と納得は別問題だからです。知識・情報提供型教育では理解は得られても、なかなか納得や体得までいきません。

 心で感じ、五感を通じて納得・得心しなければ、それはすぐに忘れてしまい、なかなか日々の生活に反映されません。つまり創造的教育成果には結びついていかないのです。

 「食を自覚的に意識する(フードコンシャスネス)」ことを通じた「心で食べる味わい教育」では、教科書やマニュアルでは得られない経験豊かなファシリテーションを通じて、心の本質を確り“体得”していただきます。

 まさにこれらの心は自分が生かされていることを実感し、その喜びを感謝とともに表現する“湧きいずる魂の言葉”だと思います。

about_04

 

 

◆教育的価値連鎖は社会も変える

 私たちが推進する「教育的価値連鎖(エデュケーショナル・バリュー・チェーン)」とは、あらゆる立場の人々が「食」を自覚的に意識するフードコンシャスネスを通じて意識と行動が変わり、それが連鎖反応的動きとなって、結果的に社会が改革していくような効果を見込むものです。

 たとえば「もたいない」という言葉一つをとっても、その考え方と行動を通じて人々の小売店での食品の選び方が変わるでしょうし、レストランでのメニューの選び方も変わることでしょう。

 小売店での食品やレストランでのメニューの選び方が変われば、生産者の生産物に対する姿勢や作り方あるいは扱い方も変わるでしょう。

 そうすると生産者に対する行政の指導や支援の仕方も変わり、製産・配送・販売・回収・廃棄というサプライチェーン(供給連鎖)にも変化が出ますし、そうした一連の体系化した社会システムを地域社会で展開したいというコミュニティが出てくるでしょう。もちろんそれを研究対象にする大学や研究機関も出てくることでしょう。

 ソーシャル・コンシューマーといわれる社会性意識の高い消費者が着実に台頭してきている今日、当然こうした連鎖は広く経済や社会、文化、教育にも波及し、大きなうねりとなって社会を変えていくことでしょうし、また海外からも注目されることでしょう。

 教育はいつの時代でも国力の原点です。学歴と同様に”食歴”と真摯に向き合うことが問われています。教育は社会のあらゆる活動の推進力となりますが、食を自覚的に意識するフードコンシャスネスがよき社会改革の起爆剤となれば、それは私たちの望外の喜びとするところです。

about_05




ページトップへ